美味しいコーヒーの条件とは?

味の好みは人それぞれ。誰かが美味しいといったからと言って、あなたも美味しいと感じるとは限りません。

でもどんなコーヒーでも、誰でも美味しいと感じる条件はあるんです。それは・・・

1.素材(品質)

『料理は素材で決まる』と言いますが、コーヒーも料理の一つと考えると、同じこと。

コーヒーの素材はコーヒー豆。産地や品種の他に”ランク”がとても重要って知ってましたか?

実はこれでコーヒーの味の4割が決まるとも言われています。

2.焙煎(鮮度)

コーヒーの生豆は、収穫されたコーヒーチェリーを精製して得られますが、生豆自体の賞味期限は非常に長く、数年は大丈夫です。実際8年物の生豆を焙煎し、飲んだことありますが、何も問題なく美味しく戴けました。

しかし生豆を一度焙煎してしまうとそうはいきません。

豆のままでも2週間、粉にしてしまうと1週間が美味しく戴ける限度です。(消費期限ではありません。あくまでも賞味期限の話)

だからこそいつでも自宅で焙りたてのコーヒーを飲めるって、とても凄いことなんです!

3.淹れ方(テクニック)

一番ポピュラーな飲み方は、やはりハンドドリップでしょう。サイフォンを楽しむ方も多いと思います。玄人好みのネルドリップに、ヨーロッパで主流のエスプレッソ、じっくり時間をかけた水出しコーヒーなど、その淹れ方は様々。

ここは皆さんのお好みの淹れ方を是非極めてお楽しみください♪

4.その他

食事してて、同じもの食べても美味しく感じたり、イマイチだったりすることありますよね。

やはり体調や気候なども大事な要素の一つ。お互い体調管理には気を付けて、いつでも美味しくコーヒーを楽しめるようにしましょう!